5.退職代行サービス会社の選び方とは?

どういう基準で退職代行サービス会社を選ぶのか? 退職代行サービス会社は様々ありますので、 どういう基準で退職代行サービス会社を選ぶのかお伝えします。 交渉が必要な場合は弁護士か労働組合 未払いの給与や残業代・パワハラの損害賠償請求・有休消化などの交渉は 弁護士資格を持っているか労働組合である必要があります。 ですので、交…

続きを読むread more

4.退職代行のメリットとデメリットとは?

退職代行のメリット メリットについては以下の通りです。 確実に退職できる 民法(627条)で「退職の意思を伝えて2週間後に辞職可能」という規定があるため、 どんなブラック企業でも100%退職できます。 失敗することがないため、返金保証をつけている退職代行が多いです。 就業規則や労働契約などに「退職は1か月前に申し出る」よ…

続きを読むread more

3.弁護士が必要なのか?

交渉が必要になるケースが多い 就職後すぐに退職というのでなければ、 未払いの給与や残業代・パワハラの損害賠償請求・有休消化などの問題が 全くない状態で退職するケースはあまりありませんので、 基本的には交渉が必要=弁護士が必要になります。 費用対効果を考えると、高額の弁護士費用を支払ってでも弁護士に交渉してもらった方がよさそ…

続きを読むread more